トップ

オフィスのキホンを知ろう

オフィスのプチ常識

オフィスで重宝されるには

契約社員の場合、正社員に上がれるかどうかや契約更新がスムーズに行くかどうかということは気になるポイントです。オフィスで重宝されることで人望を集めることも日ごろからできる雇用契約継続のための努力となります。たとえば毎日の始業時間前に掃除をするとき、自分のデスク周りだけではなく周りの人の机も拭いたり、ゴミ箱のゴミをついでに捨てるだけでも気が利くと言ってもらえるでしょう。オフィスの給湯設備まわりの備品が足りているか、ポットのお湯は十分にあるかなどを契約社員でもチェックしてお手伝いすることでスタッフとの連帯感も生まれ、スムーズな人間関係につながるでしょう。

契約社員でも気が利く掃除が大切

契約社員に限らず、正社員であろうとアルバイト・パートであろうと、掃除は職場生活での基本中の基本ですから、しっかりやる必要があります。オフィスの中で契約社員というと、一定の業務の請負的なイメージもあるので、掃除は契約内容に入っていないなんて、堅物的に考えると、オフィス生活に齟齬を来します。通常の職場生活に伴うことは、雇用の形態にかかわらず、誰しもが心がけるもので、清掃などはその範疇ですから、率先して作業することが望まれます。そうした中で、気が利くなと思っていただけけるポイントであり、職場生活の潤滑油になるのは、自席の清掃をするときです。自分の席は当然きれいにしますが、お隣さんの分もきれいにしてあげることなのです。特に一斉清掃などのときに、お隣さんが外出などで不在であれば、その気配りが大切です。

オフィスの新しい情報

新着情報

↑PAGE TOP